遺品整理のタイミング|【葬儀をスムーズに行う為に】遺品整理など参考になる情報満載

遺品整理のタイミングやポイントを見極めよう

整理のポイントランキング

no.1

貴重品を分ける

故人がのこした貴重品は、相続などに関わってくるものとなります。そのため遺品整理を行う際には、まずは貴重品をピックアップするようにしましょう。例えば印鑑や土地の権利に関する書類など、財産に関連するようなものを集めるようにしてください。

no.2

残すものを見極めて

遺品整理を行う際には、処分するものと残す物を分ける必要がでてくるものです。残す物はそれ程多くない方が良いとされていますが、残しておく事で役立てる事ができるような物もあるでしょう。例えば家電製品などは、家族がこれからも使用していく事が出来ると言えます。

no.3

価値が高い物

遺品の中には宝石や貴金属といった、価値が高いものもあるでしょう。こういった価値のある遺品は、相続などに関わってくるものとなります。そのためどの程度の価値があるのかを把握しておく必要があるでしょう。価値を判断するためには、貴金属類の査定を依頼する事をお勧めします。

no.4

処分の方法を確認して

遺品整理を行う際には、自治体では回収してもらえないような物を処分しなければならないケースもあります。例えば電化製品といった処分する物の種類によって、処分方法が変化してくることもあります。そのため、事前に処分方法を確認しておく必要があるでしょう。

no.5

地域によって違います

不用品を処分する際には、地域によってその回収方法が異なってくるものです。分別する方法などが事なってくることも多いですから、遺品整理の作業を行う際には分別の方法などを一度確認するようにしてください。

遺品整理のタイミング

和室

法事のタイミングで

大切な家族が亡くなった際には、いずれ遺品整理を行なう必要が出てくるものです。その際にはタイミングに困ってしまうような方もいらっしゃる事でしょう。遺品整理を行うタイミングとしてお勧めできるのが、四十九日といったタイミングで遺品整理を行うという事です。

手続きを終えてから

家族など近しい間柄の方が亡くなった際には、様々な手続きを行う必要があるものです。まずは、それらの手続きを完了させる事を優先するようにしましょう。遺品整理をするのは、その後となります。人手が不足している場合には、東京の遺品整理をする業者に依頼するようにしましょう。

気持ちの整理がついてから

人が亡くなった際には、心に大きな穴が開いてしまったような気持ちになるものです。そのような状態では遺品整理を行う事が難しいケースも多いでしょう。そのため気持ちの整理がついたタイミングで、遺品整理を検討される事をお勧めします。